AH Tokyo 検索

カスタム検索

3/25/2014

新宿の汚染がひどい

今となっては、何とも言えないが・・・ 現実は線量計で測定するしかない。

だが、政府公表の資料でも、新宿の汚染はどちらかと言えば酷い方である・・・



マスコミが公表しない放射能汚染マップ

本来なら、難民はもっと増えるはずだ・・・

仕方がないから、危険を承知で留まっている人もいる・・・



今回は、全国の放射能汚染状況を分り易く把握できる放射能汚染地図をご紹介します。いずれの地図も公的な研究機関が測定・発表したもので、かなり信用出来るものです。

以下は政府が世界版SPEEDI(WSPEEDI)で作成した放射能汚染地図です。各地の測定データとも一致しており、何よりも「政府が作成した」ということで、これが最低ラインの汚染であることを確認することが出来ます。この地図は私も友人に説明する時などにはよく使用しており、「放射能汚染は大した事無い」とか言っている人達に「政府が作成した地図だよ」と言って、見せるとかなり効果的です(笑)。

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-746.html





2013年の測定値


日本では、2011年3月に福島第一原発が爆発してからというもの、行政もメディアも、まったくアテにならないことが明るみになった。

日本の水面下で起きている危険な出来事を、日本人はまるで他人事のように「知らないふり」で乗り切ろうとしている。

東京は今でも、放射性セシウムが降下している・・・

2013年10月29日火曜日

放射能に汚染される首都圏で暮らして、人々が騒がない理由

数千万人がどこに行けばよいの? どうしようにもならない・・・

http://radioactivity.nsr.go.jp/ja/contents/9000/8041/24/195_Jul_0830_0905.pdf


2013年10月29日火曜日

放射能に汚染される首都圏で暮らして、人々が騒がない理由

数千万人がどこに行けばよいの? どうしようにもならない・・・

http://www.bllackz.com/2013/10/blog-post_29.html


東京はまったく福島の原発事故の影響がないと言われているが、これは完全なるデマだ。

日本政府は全国の環境放射能水準調査を発表しているが、東京は全国で3番目に放射能が高い地域となっている。(環境放射能水準調査結果(月間降下物))

放射性セシウムは、これを見ると東京で6.6メガベクレルも検出されているのが見て取れる。

日本政府は往々にして調査結果を低めに測定するが、それでも東京が汚染されているのは隠せない。放射能は流行と違って、人が存在を忘れたからと言って無力になるわけではない。

知らないうちに首都圏の人間はどんどん内部被曝していくことになるのだ。そもそも、首都圏の人間は2011年3月の中旬から後半にかけて、3600ベクレルもの内部被曝をしたのだ。

よく分からないのであれば、このように言えば分かるだろうか。東京は、チェルノブイリの数百倍、数千倍もの放射能がそのときに舞っていた。このとき、東京を脱出していた人は正しいことをしていたのである。



http://togetter.com/li/128882

孫正義氏のたった一つのリツイート;『えっ』により生じた「誤情報の拡散」 ;(新宿の放射線汚染は凄い・・・)


【2011.04.29.-15:00タイトル及び解説文を修正変更】
★注意:長いリストである為パソコンによる閲覧を推奨★

孫正義氏が「只一度『えっ』とりツイート」した、「新宿の放射線汚染は凄い・・・(http://bit.ly/lIuW2t)」。 

この誤情報が孫氏のフォロワーから一気に拡散。
「新宿は放射能に高濃度汚染された危険地帯」、或いは「東京、埼玉、茨木等、福島県以外の地域でも危険」という誤認識が、短時間の内に多くの人間に広まった。
このまとめでは主に、その様な「種々の反応」をまとめてみた。

「公式リツイート」は全て省いているので、それによる情報拡散の規模は相当数になると思われるが不明である。
但し元ツイート発信者であるayosukeこと青柳洋介氏(http://bit.ly/kvxXMqの署名より)によると、問題の情報が記載された記事には「5万アクセスがあった」との事である。

この情報に対して数値の由来が不明である事等から、「その信憑性に疑念を述べた」方々も居られたが、「不安を表明された」方の人数の方が、圧倒的に多かった。

なお「問題のリツイートを行った」その後の孫氏の言動(これは逐一まとめに入れている)を見ると、肝心のリツイートについてはその後全く触れていない。
どうやら「自分がリツイートした内容の真偽」と、「自分の行動(RT)によりもたらされたフォロワーを初めとする多くの人の混乱」については、全く興味が無かった様に、自分には見える。
これは孫氏がツイッターにおける自分の言動の結果については、良かれ悪しかれ全く斟酌していないのであろうと自分には思われた。

なお此方は「後日談」の部類に入るかとも思うが、問題のツイートを発したした当人であるayosuke氏は、件のツイートの「情報の出所」についてzakisan_氏より質問を受け、「自分は最初の引用者ではなく他のサイトから転載しただけ」と意味の返答を行い、「気になるならそちらが(問題の情報を)追跡しろ」そして最後は「やれ!」とzalosam_氏にツイートする等、所謂逆ギレ状態に…。(最後部近くに収録)

所でTogetterを検索してみると、孫正義氏はこれまで何度も「デマ或いは誤情報」をTwitter上で広く拡散する役目を担って来られた様だ。
孫氏については勿論だが、何がしかの事で「有名人」或いは「(多くは自称)専門家」であっても、その肩書きにより彼らのツイートを鵜呑みにしてはいけないという、収集と検証による情報の取捨選択の基本はしっかりと押さえておかないと、今後も同様の事が何回でも繰り返されるだろうと、自分には考えられた。
コメントを投稿

The Definition Of Art Harbour Blog



The Definition Of Art Harbour


Virtual International Trade Harbours Of Art


Opening Anniversary Date: December 1, 2006

Language: Multi Language


Each harbour can export the works toward the virtual world.

People and organization can import the works from all over the world.


Now,Item: Works on Art Activities that are expressed with Photos and Explanations etc.

Export Method: Each Harbour put the Works onto this blog

Import Method: People and Organizations accsess this blog

Order Method: People and Organizations put some comments about the Works onto this blog.


In the future, we will need transportation including trains,airplanes,ships, cars, buses etc.

in order to export and import people, goods etc. ?


Art Harbour


アート・ハーバーとは


アートのバーチャル国際貿易港


開港記念日:2006年12月1日

言語:マルチ言語


各港は、バーチャルな世界へ向けて、作品を輸出できる

人や組織などは、バーチャルな世界から、作品を輸入できる


現時点輸出品目: アートに関する活動などを「写真と文などで表現した作品」

輸出方法: 各港で作品をこのブログに書き込むことで、輸出したものとみなす

輸入方法: 人や組織が作品をこのブログで参照することで、輸入したものとみなす

注文方法: 感想などをコメントに入れることで、注文したものとみなす


将来、、、列車、飛行機、船、車、バスなどを利用して、リアルな人や物が輸出入できる?


アート・ハーバー

Multi Language

現時点では?


ブログは日本語ベース


Google Translatorで、各国語へ、変換




そして、現場で、リアルなコミュニケーションは?


英語ベースで、現地語がお愛想・・・


こんな感じかな?


Aoyagi YoSuKe

Art HarbOur


The Gaiaと各ハブは?


英語がベースで、Google Translatorで、各国語へ・・・

Copyright and Responsibility of AH Shimokitazawa blog



Copyright:


Each manager or each member of Each AH Local must independently handle Copyright.


Each may insist on Copyright or discard Copyright independently.


Copyright depends on each manager or each member.


Responsibility:


Each manager or each member of Each AH Local

must independently have the resposibility on the posted works.

Art Harbour Shimokitazawa


コピーライト:

各アート・ハーバーのマネージャーまたはメンバーは

各々でコピーライトの取り扱いをしなければならない。

コピーライトを主張するか破棄するかは各々に任される。


責任:


各アート・ハーバーのマネージャーまたはメンバーは

各々が投稿した作品に関して責任を持たなければならない。


アート・ハーバー 下北沢


Posting Rule - 掲載ルール




Introducing People, Works, Shops etc. related to Art Harbour as a spot ad.


As a general rule, the details such as map, price should be in the Official Sites related to the ad.

Each ad may contain the Official Sites' URL related to the ad.


Restriction: The Number of Photos is within 6(basically 3). about 640x480 pixel


Ad Size: Within about 2 standard printing papers.


Example: Spot ad. , Flyer, Live Report, Poem, Short Story, Illustraltion, Photo, Paintings etc.


Art Harbour Shimokitazawa



アート・ハーバーに関連した人、作品、店などをスポット広告として紹介する。


原則として、地図や価格などの詳細は広告に関連したオフィシャル・サイトに掲載する。


各広告には関連オフィシャル・サイトのURLを掲載しても良い。


制限:写真など6枚以内(基本は3枚) 1枚に付き640×480ピクセル程度


サイズ:標準プリント用紙(A4)約2枚以内


例:スポット広告、フライヤー、ライブの報告、詩、イラスト、絵など



アート・ハーバー 下北沢