AH Tokyo 検索

カスタム検索

4/03/2013

貧国ニッポンの原因は?


日本国も、経団連も、連合も、同じ穴のムジナ。

経営システムの設計に失敗している。

だから、日本が貧しい国になった。

@ayosuke: @nonbook

日本は進化しなくてはならない。だが、保守的な人もいる。変わるのが怖いのです。

@ayosuke: @nonbook

変わったら、行動せざるを得なくなる。だから、保守的な人は怠け者。

@ayosuke: @nonbook

共産党や社民党も保守的です。古い体質です。

@ayosuke: @nonbook

自民党はエネルギー政策の判断を10年も先送り。保守的です。

@ayosuke: @nonbook

ドイツは脱原発を決めた。ドイツ人は行動しなければならない。



@ayosuke: @ayosuke @nonbook @asahipress_3hen @shincho_n @asahipress_com

ガラパゴス携帯の絶滅の理由はトップダウンデザインのミスです。詳細は電機メーカーに聞いてください。

@ayosuke: @ayosuke @nonbook @asahipress_3hen @shincho_n @asahipress_com

ある見方をすれば、諫早湾の干拓事業と同じです。

連合が農民、経団連が漁民

@ayosuke: @ayosuke @nonbook @asahipress_3hen @shincho_n @asahipress_com

そのような障壁がガラパゴス携帯の中にある。

@ayosuke: @ayosuke @nonbook @asahipress_3hen @shincho_n @asahipress_com

そして、ガラパゴス携帯はクラウドと融合できなかった。

@ayosuke: @ayosuke @nonbook @asahipress_3hen @shincho_n @asahipress_com

干拓事業を設計したのは日本国です。理解できましたか?

@ayosuke: @ayosuke @nonbook @asahipress_3hen @shincho_n @asahipress_com

原発も国策です。理解できましたか?

@ayosuke: @ayosuke @nonbook @asahipress_3hen @shincho_n @asahipress_com

あなた方の教育担当は文部科学省です。理解できましたか?

@ayosuke: @ayosuke @nonbook @asahipress_3hen @shincho_n @asahipress_com

トップの頭が悪いと国は滅びる。誰が政権を担当していましたか?

理解できましたか?

@ayosuke: @ayosuke @nonbook @asahipress_3hen @shincho_n @asahipress_com

自民党の長期独裁政権が日本を貧しい国にした。

理解できましたか?

@ayosuke: @ayosuke @nonbook @asahipress_3hen @shincho_n @asahipress_com

通信って、コミュニケーションでしょ?

オープン、フェア、オネスト

です。
コメントを投稿

The Definition Of Art Harbour Blog



The Definition Of Art Harbour


Virtual International Trade Harbours Of Art


Opening Anniversary Date: December 1, 2006

Language: Multi Language


Each harbour can export the works toward the virtual world.

People and organization can import the works from all over the world.


Now,Item: Works on Art Activities that are expressed with Photos and Explanations etc.

Export Method: Each Harbour put the Works onto this blog

Import Method: People and Organizations accsess this blog

Order Method: People and Organizations put some comments about the Works onto this blog.


In the future, we will need transportation including trains,airplanes,ships, cars, buses etc.

in order to export and import people, goods etc. ?


Art Harbour


アート・ハーバーとは


アートのバーチャル国際貿易港


開港記念日:2006年12月1日

言語:マルチ言語


各港は、バーチャルな世界へ向けて、作品を輸出できる

人や組織などは、バーチャルな世界から、作品を輸入できる


現時点輸出品目: アートに関する活動などを「写真と文などで表現した作品」

輸出方法: 各港で作品をこのブログに書き込むことで、輸出したものとみなす

輸入方法: 人や組織が作品をこのブログで参照することで、輸入したものとみなす

注文方法: 感想などをコメントに入れることで、注文したものとみなす


将来、、、列車、飛行機、船、車、バスなどを利用して、リアルな人や物が輸出入できる?


アート・ハーバー

Multi Language

現時点では?


ブログは日本語ベース


Google Translatorで、各国語へ、変換




そして、現場で、リアルなコミュニケーションは?


英語ベースで、現地語がお愛想・・・


こんな感じかな?


Aoyagi YoSuKe

Art HarbOur


The Gaiaと各ハブは?


英語がベースで、Google Translatorで、各国語へ・・・

Copyright and Responsibility of AH Shimokitazawa blog



Copyright:


Each manager or each member of Each AH Local must independently handle Copyright.


Each may insist on Copyright or discard Copyright independently.


Copyright depends on each manager or each member.


Responsibility:


Each manager or each member of Each AH Local

must independently have the resposibility on the posted works.

Art Harbour Shimokitazawa


コピーライト:

各アート・ハーバーのマネージャーまたはメンバーは

各々でコピーライトの取り扱いをしなければならない。

コピーライトを主張するか破棄するかは各々に任される。


責任:


各アート・ハーバーのマネージャーまたはメンバーは

各々が投稿した作品に関して責任を持たなければならない。


アート・ハーバー 下北沢


Posting Rule - 掲載ルール




Introducing People, Works, Shops etc. related to Art Harbour as a spot ad.


As a general rule, the details such as map, price should be in the Official Sites related to the ad.

Each ad may contain the Official Sites' URL related to the ad.


Restriction: The Number of Photos is within 6(basically 3). about 640x480 pixel


Ad Size: Within about 2 standard printing papers.


Example: Spot ad. , Flyer, Live Report, Poem, Short Story, Illustraltion, Photo, Paintings etc.


Art Harbour Shimokitazawa



アート・ハーバーに関連した人、作品、店などをスポット広告として紹介する。


原則として、地図や価格などの詳細は広告に関連したオフィシャル・サイトに掲載する。


各広告には関連オフィシャル・サイトのURLを掲載しても良い。


制限:写真など6枚以内(基本は3枚) 1枚に付き640×480ピクセル程度


サイズ:標準プリント用紙(A4)約2枚以内


例:スポット広告、フライヤー、ライブの報告、詩、イラスト、絵など



アート・ハーバー 下北沢