AH Tokyo 検索

カスタム検索

12/31/2012

世界は多極化している・・・


システムの進化は?

ヨーロッパが最前線。

日本が前進するとは? アメリカより先を行くこと

ヨーロッパ > 日本 > アメリカ

日本が後退するとは? アメリカより後ろを行くこと。

安倍政権である。

ヨーロッパ > アメリカ > 日本



ヨーロッパの中心は?

イギリスでも、フランスでもない。ロンドンでも、パリでもない。

ドイツである。ベルリンである。

そのドイツが、2022年に、脱原発を「決めた」。

ベルリンの壁(ベルリンのかべ ドイツ語: Berliner Mauer)とは、冷戦の真っ只中にあった1961年8月13日に東ドイツ(ドイツ民主共和国)政府によって建設された、東ベルリンと西ベルリンを隔てる壁である。1989年11月10日に破壊され、1990年10月3日に東西ドイツが統一されるまで、この壁がドイツ分断や冷戦の象徴となった。



安倍政権がアメリカの金魚のフンになる選択をした。

世界は?

ヨーロッパ - 中国(を核としたアジア) - アメリカ

こんな構造に見える・・・

日本はこの構造の中で埋没してしまう・・・




ドイツ人はムダを好まない。経済的である。

アメリカ人はムダを好む。浪費的である。

小泉さんは、ブッシュの命令に従って、アメリカのポイ捨て文化を取り入れた。

そして、労働者をポイ捨てした・・・

安倍政権は、ふたたび、アメリカの金魚のフンになった。

アメリカは、日本を利用するだけ利用して、最後はポイ捨てするだろう・・・

@ayosuke:

経営サイドの仕事は経営システムの設計と運営。

労働サイドが経営システムに従って労働することにより、カネを稼ぐ。

両サイドがうまく機能しないと、業績は上がらない。



20世紀はアメリカの時代だった。

21世紀は、もはや、アメリカの時代ではない。世界は多極化している。

アメリカのポイ捨て文化は、21世紀にはマッチしない。



安倍さんは、「決めなければならない」

社長の主な仕事は、判断である。決めることである。

迅速的確に決めなければならない・・・

ユーロとのEPA、太平洋諸国のTPP、アメリカとの基地問題、、、


大学生が二極化を検索している理由は?

アメリカに「右へ倣え」になったことを意味する。

だが、世界は多極化している・・・


唯一、救われるのは、アメリカ大統領がオバマであることである。

ブッシュではない・・・

オバマは、ブッシュのように、日本に命令はしない。

アメリカは、こうである。日本は、どうするの? 自分で決めてね?

TPPよろしく、基地問題よろしくね?

自分で決めてね?



システムの進化。日本はアメリカの先を行かなければならない・・・

ユーロ > 日本 > アメリカ > 中国を核とするアジア諸国 > オセアニア・南米・アフリカ

スローライフ、ニューアーバニズムである・・・

2011年11月18日金曜日
スローライフ、ニューアーバニズム
スローライフ(Slow Life)とは、生活様式に関する思想の一つで、地産地消や歩行型社会を目指す生活様式を指す。日本ではスローフードが拡大解釈されて浸透した言葉だが、スローライフ・ジャパンを立ち上げた故筑紫哲也によると英語の翻訳ではなく日本語の造語と書いている。


1990年頃のバブル景気中に、ファストフードに代表される大量生産・高速型のライフスタイルや、モータリゼーションの進展による都市の郊外化が進んで行った。これに伴い、全国各地には郊外型ショッピングセンターやロードサイドショップが急増し、中心市街地の空洞化(ドーナツ化現象)やスプロール現象が進行している。その結果、地方都市が画一的な様相を呈する傾向にある。
これに対して、有機農産物や地元産の農産物が奨励されたり(地産地消運動)、沈着型でゆっくりした生活様式を唱える動きが出たりするようになった。これをまちづくりに応用した思想は、「ニューアーバニズム」とも言われている。


ニューアーバニズム(New urbanism)とは、1980年代後半から1990年代にかけて、主に北米で発生した都市設計の動き。ヨーロッパではコンパクトシティ、イギリスではアーバンビレッジが同様の概念を打ち立てている。
伝統回帰的な都市計画といわれ、鉄道駅を中心に、商業施設や住宅地がその周りを囲んでいる、といった都市モデルが想定されている。過度な自動車依存を解消するための、鉄道やバスなど公共交通を基本とした都市構造である。ポートランドなどで、鉄道駅を中心にパークアンドライドなどの計画が進められている。
ニューアーバニズム主義者は、土地利用に関する全ての側面を改善することを目的とし、地域レベルから地区レベルまでの都市計画や都市設計に影響を与えている。開発、再開発や再生などの事業を通し、人間規模の職住近接型まちづくりを目指している。交通は自転車や公共交通を車より優先させている。


コンパクトシティ(英: Compact City、英語発音: /kəmˈpækt ˈsiti/ カンパクトゥ・スィティ)とは、都市的土地利用の郊外への拡大を抑制すると同時に中心市街地の活性化が図られた、生活に必要な諸機能が近接した効率的で持続可能な都市、もしくはそれを目指した都市政策のことである[1]。
類似した概念としては、アメリカにおける「ニューアーバニズム」や、イギリスにおける「アーバンビレッジ」などがある。


札幌市、稚内市、青森市、仙台市[2]、富山市、豊橋市[3]、神戸市、北九州市[4] などの各市は、コンパクトシティを政策として公式に取り入れている[1]。
市街地の拡大による除雪費用の増大が問題となっていた青森市では、郊外の開発の抑制と中心市街地の再開発を施策とし、公営住宅の郊外から中心部への移転などを行っている。また、富山市の場合、もともと発達していた富山地方鉄道の中心市街地路面電車網を拡張して環状線化し、駅も増やして、貸出自転車駅を併設するなど意欲的な姿勢をみせている。さらに新築中の富山駅を経由して駅北部の路面電車網と直接連結することを予定している。また岐阜方面からの集客力を強化するために高山本線の増発や臨時駅設置の社会実験も行っている。


コンパクトシティ推進の背景は地域ごとに異なるが、コンパクトシティを実現しやすい都市の条件としては、
公共交通網がある程度充実していること
中心市街地である程度文化活動が盛んであること
コミュニティが存在していること
観光地としても成立しうる資源を持ち人々が流入する要素があること
などが考えられる[誰?]。
一方、比較的規模の大きい地方都市では近年、中心市街地の地価の下落や工場の移転等に伴う都心部へのマンション建設による人口の都心回帰という、コンパクトシティの方向への自然発生的な変化も見られる。


LOHAS(ロハス、ローハス)とはLifestyles Of Health And Sustainability (健康と持続可能性の、またこれを重視するライフスタイル)の略。健康や環境問題に関心の高い人々のライフスタイルを営利活動に結びつけるために生み出されたマーケティング用語である。

LOHASの5大マーケット [編集]

頭文字をとってSHAPEと呼ばれている
Sustainable Economy(持続可能な経済)
グリーン都市計画、SRI、省エネ商品、代替エネルギー、フェアトレード等
Healthy Lifestyle(健康的なライフスタイル)
自然食品、サプリメント、オーガニック、マクロビオティック等
Alternative Healthcare(代替医療)
ホメオパシー、アーユルヴェーダ、自然治療、東洋医学、鍼治療、レイキ等
Personal Development(自己開発)
メンタルトレーニング、スピリチュアル、ヨガ、ピラティス、瞑想法、自己啓発、アート、能力開発等
Ecological Lifestyle(エコなライフスタイル)
リフォーム、環境配慮住宅、家庭用品、エコツーリズム等

http://artharbour-fukuoka.blogspot.jp/2011/11/blog-post_18.html
コメントを投稿

The Definition Of Art Harbour Blog



The Definition Of Art Harbour


Virtual International Trade Harbours Of Art


Opening Anniversary Date: December 1, 2006

Language: Multi Language


Each harbour can export the works toward the virtual world.

People and organization can import the works from all over the world.


Now,Item: Works on Art Activities that are expressed with Photos and Explanations etc.

Export Method: Each Harbour put the Works onto this blog

Import Method: People and Organizations accsess this blog

Order Method: People and Organizations put some comments about the Works onto this blog.


In the future, we will need transportation including trains,airplanes,ships, cars, buses etc.

in order to export and import people, goods etc. ?


Art Harbour


アート・ハーバーとは


アートのバーチャル国際貿易港


開港記念日:2006年12月1日

言語:マルチ言語


各港は、バーチャルな世界へ向けて、作品を輸出できる

人や組織などは、バーチャルな世界から、作品を輸入できる


現時点輸出品目: アートに関する活動などを「写真と文などで表現した作品」

輸出方法: 各港で作品をこのブログに書き込むことで、輸出したものとみなす

輸入方法: 人や組織が作品をこのブログで参照することで、輸入したものとみなす

注文方法: 感想などをコメントに入れることで、注文したものとみなす


将来、、、列車、飛行機、船、車、バスなどを利用して、リアルな人や物が輸出入できる?


アート・ハーバー

Multi Language

現時点では?


ブログは日本語ベース


Google Translatorで、各国語へ、変換




そして、現場で、リアルなコミュニケーションは?


英語ベースで、現地語がお愛想・・・


こんな感じかな?


Aoyagi YoSuKe

Art HarbOur


The Gaiaと各ハブは?


英語がベースで、Google Translatorで、各国語へ・・・

Copyright and Responsibility of AH Shimokitazawa blog



Copyright:


Each manager or each member of Each AH Local must independently handle Copyright.


Each may insist on Copyright or discard Copyright independently.


Copyright depends on each manager or each member.


Responsibility:


Each manager or each member of Each AH Local

must independently have the resposibility on the posted works.

Art Harbour Shimokitazawa


コピーライト:

各アート・ハーバーのマネージャーまたはメンバーは

各々でコピーライトの取り扱いをしなければならない。

コピーライトを主張するか破棄するかは各々に任される。


責任:


各アート・ハーバーのマネージャーまたはメンバーは

各々が投稿した作品に関して責任を持たなければならない。


アート・ハーバー 下北沢


Posting Rule - 掲載ルール




Introducing People, Works, Shops etc. related to Art Harbour as a spot ad.


As a general rule, the details such as map, price should be in the Official Sites related to the ad.

Each ad may contain the Official Sites' URL related to the ad.


Restriction: The Number of Photos is within 6(basically 3). about 640x480 pixel


Ad Size: Within about 2 standard printing papers.


Example: Spot ad. , Flyer, Live Report, Poem, Short Story, Illustraltion, Photo, Paintings etc.


Art Harbour Shimokitazawa



アート・ハーバーに関連した人、作品、店などをスポット広告として紹介する。


原則として、地図や価格などの詳細は広告に関連したオフィシャル・サイトに掲載する。


各広告には関連オフィシャル・サイトのURLを掲載しても良い。


制限:写真など6枚以内(基本は3枚) 1枚に付き640×480ピクセル程度


サイズ:標準プリント用紙(A4)約2枚以内


例:スポット広告、フライヤー、ライブの報告、詩、イラスト、絵など



アート・ハーバー 下北沢