AH Tokyo 検索

カスタム検索

10/07/2012

分散システム

‎3/11/2010

鬼の手は、だましのテクニック
分散システムの方が無駄が少ない、効果的である - 分散サーバー


IBMの集中処理システムは、混雑の素、よって、時分割システムにした・・・

エリアの分散化、休日の分散化、通勤時間の分散化・・・

狭い日本を有効に使う => 農林水産業が拡大する

皇国史観は具体的でない、宗教である。

政治は論、経済は指標、健康は気から・・・

バビロンシステムから、ディバインシステムへ・・・



物事をパーツ、部品、歯車で考えるのでなく、システム、制度、根本から考えよ - アインシュタイン

E=MC2 (^_-)-☆


東京の機能は?

情報センターです・・・ 中枢は? 少数精鋭で良いはず・・・

それと、必要なモノ、くわえて、インフラ・・・

間違いなく、都市の過疎化が発生する・・・

現金輸送車も減る、クレジット社会になっていく・・・

現金はむだが多い・・・

人が逆流する => 亀井さんの出番 => 郵便局がよろずやネットへ

予想通りだ・・・

そして、物流コストは?

狭い日本はお得です。昔から主張していたことです・・・



情報コストは? グローバル、E=MC2、光ファイバー&衛星通信、(^_-)-☆

電波塔の多チャンネル化は時代遅れ・・・

少数精鋭です・・・

そして、名作は?

ダウンロードで、アーカイブスで、買いましょう、決済はクレジットです・・・

本はビミョー系

紙はパピルス、文明、文化である - ラムセス2世

だから、電子ブック(雑誌や新聞などは、電子化が進むはず)はコストダウンがミソ

紙の本は、機能や、その他の価値で、ある程度は残るはず・・・

その割合は、とりあえず、半々かな?

あとは、成り行き、諸行無常である・・・

写真付きの大型本は価値がある場合もある。

絵本も価値がある場合もある・・・

電子ブックは? 文庫本代り? ペーパーバック?

成り行きです・・・



だから、旅は?

近場の温泉や海や山は、できれば、電車やバスで・・・

年に一度の海外旅行は? 1~2週間・・・

これが、BirdMan社のライフモデルのコアです・・・


炉心は?

ガウスのエントロピー  数学モデル(バーチャル、セオリー)

エントロピーの法則こそ、熱力学の根本

エントロピー

お銚子悶+魔の月 経済モデル(リアル、経済指標のフィードバック)


性差のアパルトヘイト・・・

これはグローバルで共通の問題のようだ・・・男主導の世界から、人主導の世界へ・・・

ホモ・サピエンス

=> ミュータント・アンドロイド or ヒューマノイド・アンドロイド?


公私について

公、つまり、社会的な仕事に性差なし、能力で評価する。

私、つまり、ひとそれぞれ・・・

いずれにしても、人権尊重こそ、キーワード、ヒューマニズム、人道主義じゃないのかな?

性差のアパルトヘイトを打破する - 神&人

必ず、ここへ戻る・・・

人はオスかメスか? それとも、人か?

まずは、人である。違う人手を挙げて?

性差、年齢差、民族差、眼の色の差、肌の色の差、国籍の差・・・

差があるのが当たり前・・・

だが、あなたは人である・・・ コスモポリタン=宇宙人

ですよね?


バーチャル・リアリティ、リアル・バーチャリティ、高速ワープ、どろろんぱっ

リアル・バーチャリティ、バーチャル・リアリティ、光速ワープ、どろろんぱっ

やっと、見えた・・・ アルカイック・スマイル

これは、天使でも悪魔でもない、呪術師です・・・

鬼は、人殺しをして、贅沢三昧・・・

世界がチェンジ~~~

公正化、合法化へ・・・



鬼の言葉は?

犠牲者を出したくない、みんなで、がんばろう・・・

絆だ~~~、一丸となって、がんばろう~~~

実は、鬼が命乞いをしているだけ => 鬼はウソつき

今までの日本の状況を見たら、明らか => だましのテクニックだけを磨いてきた

オウムは、宗教問題 => 靖国参拝は違憲

堀江は、金融危機、闇金 => 円は信用倒産

お得意のスケープゴート、誤魔化して、鬼が逃げようとしているだけ

バブル崩壊のトキと同じ手です、誤魔化し、まやかし・・・

えげつねえ~~~

ヒルズは、森ビルだろ・・・

ヒルズの御殿から、33万円を差し押さえ

どういう意味・・・

不動産には手をつけないで、テレビと三線?

だれの差し金か? 不動産屋とお釜の森だよ!!!

悪党は自白する - 閻魔大王



東京の地価はゼロである。価値があるのは三線とテレビだ - 閻魔大王

このようにして、東京のあちこちに、空き地や、幽霊屋敷が増えてくる・・・

まるで、西部劇のゴーストタウンである・・・

つまり、ファイバーシティじゃなくて、ゴーストタウン化現象です・・・

生産性がない土地は、価値がない。ペンペン草が生えているだけ・・・

大野教授の予測ははずれた。逆である。分散化、地方へ回帰するのである。

建築屋さんは、箱ものばかりを考える。

食 > 衣・娯楽 > 住

少子高齢化、縮小する地方都市、そして何よりも昨年の社保庁の年金問題の煽りを受けて減少する政府予算….。都市計画において、日本は多くの問題に直面している。以前PingMagでは、東京を巡回して縮小する人口に焦点を当てた「縮小する都市展」をご紹介したが、2005年に未来の日本の戦略を提示したファイバーシティ構想を発表した東京大学の大野秀敏教授もそのプロジェクトに名を連ねていた一人だ。本日のPingMagでは、先日その続報ともいえる構想集、「シュリンキング・ニッポン」を鹿島出版会から出版された大野教授に日本の都市設計についてお話をうかがった。
作:ベレーナ
訳:山根夏実
大野教授のファイバーシティ2050は、東京が直面する人口の減少と高齢化とそれに見合った都市構想に焦点を当てたプロジェクトでしたが、3年を経て発表されたシュリンキング・ニッポンは、その続編的な内容だと考えてよろしいのでしょうか?そもそもこのプロジェクトはどうやって始まったのですか?
コメントを投稿

The Definition Of Art Harbour Blog



The Definition Of Art Harbour


Virtual International Trade Harbours Of Art


Opening Anniversary Date: December 1, 2006

Language: Multi Language


Each harbour can export the works toward the virtual world.

People and organization can import the works from all over the world.


Now,Item: Works on Art Activities that are expressed with Photos and Explanations etc.

Export Method: Each Harbour put the Works onto this blog

Import Method: People and Organizations accsess this blog

Order Method: People and Organizations put some comments about the Works onto this blog.


In the future, we will need transportation including trains,airplanes,ships, cars, buses etc.

in order to export and import people, goods etc. ?


Art Harbour


アート・ハーバーとは


アートのバーチャル国際貿易港


開港記念日:2006年12月1日

言語:マルチ言語


各港は、バーチャルな世界へ向けて、作品を輸出できる

人や組織などは、バーチャルな世界から、作品を輸入できる


現時点輸出品目: アートに関する活動などを「写真と文などで表現した作品」

輸出方法: 各港で作品をこのブログに書き込むことで、輸出したものとみなす

輸入方法: 人や組織が作品をこのブログで参照することで、輸入したものとみなす

注文方法: 感想などをコメントに入れることで、注文したものとみなす


将来、、、列車、飛行機、船、車、バスなどを利用して、リアルな人や物が輸出入できる?


アート・ハーバー

Multi Language

現時点では?


ブログは日本語ベース


Google Translatorで、各国語へ、変換




そして、現場で、リアルなコミュニケーションは?


英語ベースで、現地語がお愛想・・・


こんな感じかな?


Aoyagi YoSuKe

Art HarbOur


The Gaiaと各ハブは?


英語がベースで、Google Translatorで、各国語へ・・・

Copyright and Responsibility of AH Shimokitazawa blog



Copyright:


Each manager or each member of Each AH Local must independently handle Copyright.


Each may insist on Copyright or discard Copyright independently.


Copyright depends on each manager or each member.


Responsibility:


Each manager or each member of Each AH Local

must independently have the resposibility on the posted works.

Art Harbour Shimokitazawa


コピーライト:

各アート・ハーバーのマネージャーまたはメンバーは

各々でコピーライトの取り扱いをしなければならない。

コピーライトを主張するか破棄するかは各々に任される。


責任:


各アート・ハーバーのマネージャーまたはメンバーは

各々が投稿した作品に関して責任を持たなければならない。


アート・ハーバー 下北沢


Posting Rule - 掲載ルール




Introducing People, Works, Shops etc. related to Art Harbour as a spot ad.


As a general rule, the details such as map, price should be in the Official Sites related to the ad.

Each ad may contain the Official Sites' URL related to the ad.


Restriction: The Number of Photos is within 6(basically 3). about 640x480 pixel


Ad Size: Within about 2 standard printing papers.


Example: Spot ad. , Flyer, Live Report, Poem, Short Story, Illustraltion, Photo, Paintings etc.


Art Harbour Shimokitazawa



アート・ハーバーに関連した人、作品、店などをスポット広告として紹介する。


原則として、地図や価格などの詳細は広告に関連したオフィシャル・サイトに掲載する。


各広告には関連オフィシャル・サイトのURLを掲載しても良い。


制限:写真など6枚以内(基本は3枚) 1枚に付き640×480ピクセル程度


サイズ:標準プリント用紙(A4)約2枚以内


例:スポット広告、フライヤー、ライブの報告、詩、イラスト、絵など



アート・ハーバー 下北沢