AH Tokyo 検索

カスタム検索

10/07/2012

オニババの正体


これこそ、オニババの正体である、笑い

夫と妻がお互いにプレゼントをする際の費用について、夫は「自分の小遣いから出す」という人が最も多いのに対して、妻は「家計の預貯金から出す」という人が最も多く、プレゼントにかける年間の費用は、夫の方が妻よりも2倍以上多いという調査結果がまとまりました。

この調査は家計管理に対する夫婦の意識を調べるため、オリックス銀行がことし7月、インターネットを通じて20歳以上の既婚者2100人余りを対象に行ったものです。
このなかで、プレゼントの費用をどこから出しているか聞いたところ、複数回答で夫は「自分の小遣いから」が66.3%で最も多く、「自分のへそくりから」が22.4%、「家計の預貯金から」が13.2%でした。
これに対して、妻は「家計の預貯金から」が44.3%で最も多く、「自分の小遣いから」が39.2%、「自分のへそくりから」が16.2%となりました。
また、この1年間のプレゼントの費用は、夫が平均5万1000円余りだったのに対して、妻は2万5000円余りで、2倍以上、差がありました。
年代別にみると、50代の夫が8万円余りで最も高くなっています。
結果について、調査したオリックス銀行は「プレゼントの支出について、妻は『現実的』、夫は『大盤振る舞い』という傾向が見られる」と話しています。

街の人たちは
調査結果について、東京・新宿で聞いたところ、50代の夫婦の妻は「私はバーゲン品などで済ませますが、夫はその2倍くらいの費用をかけています」と話していました。
また、誕生日などに互いに好きなものをいっしょに買うという40代夫婦の妻は「専業主婦なので小遣いから捻出するのはつらいです」と話し、夫は「予算の許す範囲で購入しています」と話していました。
20代の夫婦は「共働きで家計を分けず小遣い制ではないので、2人とも預貯金から工面しています」と話していました。

専門家は
経済ジャーナリストの荻原博子さんは「給料が夫から妻への手渡しから銀行振り込みに変わり、通帳を妻が管理して夫に小遣いを渡すという家庭が増えている。そうした背景から、夫は小遣いから費用を工面し、家計を握っている妻は家計の中からプレゼントを買うということなのではないか」と話しています。
また、50代の夫のプレゼント費用が最も高いことについては「ほかの世代に比べて金銭的に余裕が出てくるとともに、50代の男性は会社以外の人間関係が希薄で、定年退職が間近に見えてきて、この先は妻に頼らないといけないという意識の人が多いのではないか」と分析しています。

http://artharbour-fukuoka.blogspot.jp/2012/04/blog-post.html
コメントを投稿

The Definition Of Art Harbour Blog



The Definition Of Art Harbour


Virtual International Trade Harbours Of Art


Opening Anniversary Date: December 1, 2006

Language: Multi Language


Each harbour can export the works toward the virtual world.

People and organization can import the works from all over the world.


Now,Item: Works on Art Activities that are expressed with Photos and Explanations etc.

Export Method: Each Harbour put the Works onto this blog

Import Method: People and Organizations accsess this blog

Order Method: People and Organizations put some comments about the Works onto this blog.


In the future, we will need transportation including trains,airplanes,ships, cars, buses etc.

in order to export and import people, goods etc. ?


Art Harbour


アート・ハーバーとは


アートのバーチャル国際貿易港


開港記念日:2006年12月1日

言語:マルチ言語


各港は、バーチャルな世界へ向けて、作品を輸出できる

人や組織などは、バーチャルな世界から、作品を輸入できる


現時点輸出品目: アートに関する活動などを「写真と文などで表現した作品」

輸出方法: 各港で作品をこのブログに書き込むことで、輸出したものとみなす

輸入方法: 人や組織が作品をこのブログで参照することで、輸入したものとみなす

注文方法: 感想などをコメントに入れることで、注文したものとみなす


将来、、、列車、飛行機、船、車、バスなどを利用して、リアルな人や物が輸出入できる?


アート・ハーバー

Multi Language

現時点では?


ブログは日本語ベース


Google Translatorで、各国語へ、変換




そして、現場で、リアルなコミュニケーションは?


英語ベースで、現地語がお愛想・・・


こんな感じかな?


Aoyagi YoSuKe

Art HarbOur


The Gaiaと各ハブは?


英語がベースで、Google Translatorで、各国語へ・・・

Copyright and Responsibility of AH Shimokitazawa blog



Copyright:


Each manager or each member of Each AH Local must independently handle Copyright.


Each may insist on Copyright or discard Copyright independently.


Copyright depends on each manager or each member.


Responsibility:


Each manager or each member of Each AH Local

must independently have the resposibility on the posted works.

Art Harbour Shimokitazawa


コピーライト:

各アート・ハーバーのマネージャーまたはメンバーは

各々でコピーライトの取り扱いをしなければならない。

コピーライトを主張するか破棄するかは各々に任される。


責任:


各アート・ハーバーのマネージャーまたはメンバーは

各々が投稿した作品に関して責任を持たなければならない。


アート・ハーバー 下北沢


Posting Rule - 掲載ルール




Introducing People, Works, Shops etc. related to Art Harbour as a spot ad.


As a general rule, the details such as map, price should be in the Official Sites related to the ad.

Each ad may contain the Official Sites' URL related to the ad.


Restriction: The Number of Photos is within 6(basically 3). about 640x480 pixel


Ad Size: Within about 2 standard printing papers.


Example: Spot ad. , Flyer, Live Report, Poem, Short Story, Illustraltion, Photo, Paintings etc.


Art Harbour Shimokitazawa



アート・ハーバーに関連した人、作品、店などをスポット広告として紹介する。


原則として、地図や価格などの詳細は広告に関連したオフィシャル・サイトに掲載する。


各広告には関連オフィシャル・サイトのURLを掲載しても良い。


制限:写真など6枚以内(基本は3枚) 1枚に付き640×480ピクセル程度


サイズ:標準プリント用紙(A4)約2枚以内


例:スポット広告、フライヤー、ライブの報告、詩、イラスト、絵など



アート・ハーバー 下北沢