AH Tokyo 検索

カスタム検索

10/02/2012

北陸先端科学技術大学院大学


11月16日(金)JAISTシンポジウム開催



 JAISTの研究トピックスを紹介するJAISTシンポジウムが11月16日 東京秋葉原・富士ソフトアキバプラザで開催されます。 マテリアルサイエンス研究科からは「グラフェンとシリセン -単原子層エレクトロニクスの展開- 」のテーマで、招待講演の佐藤信太郎氏(産総研)と研究科から水田博教授、高村由起子准教授が講演します。

プログラム
13:30-13:40[ 学長挨拶 ]
片山 卓也(北陸先端科学技術大学院大学 学長)
13:40-14:40[ 特別講演 ]
佐相 秀幸 氏(富士通株式会社 代表取締役副社長)
「スーパーコンピュータ「京」を生んだICT 戦略」

マテリアルサイエンス研究科
「グラフェンとシリセン -単原子層エレクトロニクスの展開- 」

15 :00-15:40[ 講演M1]
「グラフェンナノデバイスの展開:JAIST-サザンプトン大国際共同研究から」
水田 博(マテリアルサイエンス研究科 教授)
15:40-16 :20[ 講演M2 ]
「シリセン―Si製のグラフェン?―:最薄Siシート研究の現状と可能性」高村(山田)由起子(マテリアルサイエンス研究科 准教授)
•16 :20-17:00[ 招待講演M ]
「グラフェンの合成・評価と電子デバイスへの応用」
佐藤 信太郎(独立行政法人 産業技術総合研究所 ナノエレクトロニクス研究部門 連携研究体グリーン・ナノエレクトロニクスセンター)

開催場所:富士ソフトアキバプラザ 6階セミナールーム
東京都千代田区神田練堀町3

詳しくはこちら
http://www.jaist.ac.jp/sympo2012/index.html


コメントを投稿

The Definition Of Art Harbour Blog



The Definition Of Art Harbour


Virtual International Trade Harbours Of Art


Opening Anniversary Date: December 1, 2006

Language: Multi Language


Each harbour can export the works toward the virtual world.

People and organization can import the works from all over the world.


Now,Item: Works on Art Activities that are expressed with Photos and Explanations etc.

Export Method: Each Harbour put the Works onto this blog

Import Method: People and Organizations accsess this blog

Order Method: People and Organizations put some comments about the Works onto this blog.


In the future, we will need transportation including trains,airplanes,ships, cars, buses etc.

in order to export and import people, goods etc. ?


Art Harbour


アート・ハーバーとは


アートのバーチャル国際貿易港


開港記念日:2006年12月1日

言語:マルチ言語


各港は、バーチャルな世界へ向けて、作品を輸出できる

人や組織などは、バーチャルな世界から、作品を輸入できる


現時点輸出品目: アートに関する活動などを「写真と文などで表現した作品」

輸出方法: 各港で作品をこのブログに書き込むことで、輸出したものとみなす

輸入方法: 人や組織が作品をこのブログで参照することで、輸入したものとみなす

注文方法: 感想などをコメントに入れることで、注文したものとみなす


将来、、、列車、飛行機、船、車、バスなどを利用して、リアルな人や物が輸出入できる?


アート・ハーバー

Multi Language

現時点では?


ブログは日本語ベース


Google Translatorで、各国語へ、変換




そして、現場で、リアルなコミュニケーションは?


英語ベースで、現地語がお愛想・・・


こんな感じかな?


Aoyagi YoSuKe

Art HarbOur


The Gaiaと各ハブは?


英語がベースで、Google Translatorで、各国語へ・・・

Copyright and Responsibility of AH Shimokitazawa blog



Copyright:


Each manager or each member of Each AH Local must independently handle Copyright.


Each may insist on Copyright or discard Copyright independently.


Copyright depends on each manager or each member.


Responsibility:


Each manager or each member of Each AH Local

must independently have the resposibility on the posted works.

Art Harbour Shimokitazawa


コピーライト:

各アート・ハーバーのマネージャーまたはメンバーは

各々でコピーライトの取り扱いをしなければならない。

コピーライトを主張するか破棄するかは各々に任される。


責任:


各アート・ハーバーのマネージャーまたはメンバーは

各々が投稿した作品に関して責任を持たなければならない。


アート・ハーバー 下北沢


Posting Rule - 掲載ルール




Introducing People, Works, Shops etc. related to Art Harbour as a spot ad.


As a general rule, the details such as map, price should be in the Official Sites related to the ad.

Each ad may contain the Official Sites' URL related to the ad.


Restriction: The Number of Photos is within 6(basically 3). about 640x480 pixel


Ad Size: Within about 2 standard printing papers.


Example: Spot ad. , Flyer, Live Report, Poem, Short Story, Illustraltion, Photo, Paintings etc.


Art Harbour Shimokitazawa



アート・ハーバーに関連した人、作品、店などをスポット広告として紹介する。


原則として、地図や価格などの詳細は広告に関連したオフィシャル・サイトに掲載する。


各広告には関連オフィシャル・サイトのURLを掲載しても良い。


制限:写真など6枚以内(基本は3枚) 1枚に付き640×480ピクセル程度


サイズ:標準プリント用紙(A4)約2枚以内


例:スポット広告、フライヤー、ライブの報告、詩、イラスト、絵など



アート・ハーバー 下北沢