AH Tokyo 検索

カスタム検索

9/15/2012

ダライラマ


Introduction on H.H. DALAI LAMA

By Rajiv Mehrotra

Tenzin Gyatso describes himself as a simple Buddhist Monk. To millions of his followers he is His Holiness, the 14th Dalai Lama of Tibet. Born of peasant parents in July 1935, he embodies the ideal of the religious tradition he heads and the people he represents. Today his message of compassion, altruism and peace have made him a statesman for our troubled times, reaching out to people everywhere.

He was awarded the Nobel prize for peace in December 1989, a global acknowledgement of his philosophy of Universal Responsibility, his personal spiritual striving and the goal of liberating Tibet from Chinese oppression through nonviolence.

The Dalai Lama has been exiled in India since 1959 because of Chinese occupation of Tibet. He is heir to a spiritual tradition that began more than 2500 years ago when a young Indian prince seated in deep meditation, under a tree, attained decisive knowledge of the human condition. He became the Buddha, the enlightened one. The core of the path he revealed is that life is an unceasing cycle of rebirth, sickness, old age and death. This cycle, fraught with suffering is caused by desire bred of ignorance and an innate misconception of reality. The Buddha’s teaching provides insights and techniques to break out of this cycle.

ダライ・ラマ法王 序説

         ラジブ・マハロトラ

 テンジン・ギャッツオは、自分のことを単なる仏教の僧だと言っている。彼に従う数百万の人々にとって、彼は、チベットのダライ・ラマ14世法王である。彼は、1935年7月、農民の子供として生まれ、自分の求める宗教の伝統の理想および自分が代表になっている人々を具現化している。今日の彼の慈悲、利他主義、平和のメッセージは、現在の困難な時代に対して、彼を、語り部としており、そのメッセージはあらゆる人々に届いている。

 彼は、1989年12月、ノーベル平和賞を受賞し、世界責任の哲学と個人の精神的な修行と非暴力で中国の弾圧からチベットを開放する目標が、広く認知されてのことだった。

ダライ・ラマは、中国のチベットの占領のため、1959年以来、インドに亡命している。彼は、2500年以上前に始まった精神的伝統(釈迦)の後継者である。それは、若いインドの王子(釈迦)が木の下に座って深い瞑想をし、人間のことについて明確に悟ったときに始まったのである。釈迦は、仏陀、つまり目覚めた人になった。彼が明らかにしたことの核心は、生命が、生まれ変わり、病気、老年、死という終わりなきサイクル(輪廻)であるということだった。困難に満ちた輪廻は、無知によって育つ煩悩と真実の本質的な誤解によって引き起こされる。仏陀の教えは、輪廻を打ち破る洞察と方法を提示するものである。


Some beings who acquire realizations of the true nature of reality attain liberation from rebirth, but out of their compassion for others opt voluntarily for reincarnation in order to teach and serve humanity. They are called Bodhisattvas. The Dalai Lama, although himself unwilling to admit this, is widely regarded as a Bodhisattva, a reincarnation of Avalokiteshwara, the patron deity of Tibet and the embodiment of compassion.

For many, Buddhism’s very rationality, with its strict emphasis on causality and the interdependence of all things harmonizes with the prevailing spirit of scientific empiricism. It is a philosophy well suited to mankind’s present and future needs. It provides the basis for a secular philosophy that the Dalai Lama describes as Universal Responsibility.

 The Dalai Lama has reached out people everywhere to create dialog with other fates out of his commitment to the value and richness polarity. With scientists exploring the insights, science and meditated experience can bring to each other. With politicians, believing in the politics is not inheritainted but for the generally altruistic motivation is a necessary force for good.

He thought out by all kinds of people, from the humble Indian burieder to the western head of state Hollywood star, from university student to the successful businessman and active social worker. Here is as much tehees in Buddhist monastery as here is in church, mosque, god ladder or temple. Whoever he meets, he greets said the fellow human being. No one who has met to seem holiness speak.

真実を悟ったものは、輪廻の輪から開放されるが、他者に対する慈悲のために、人間を教え、導くために、自ら進んで、転生を選ぶものもいる。彼らのことを菩薩という。ダライ・ラマは、自分が菩薩であることを進んで認めようとはしないが、菩薩、観音の転生、チベットの守護神、あるいは、慈悲の具現として、広く認められている。

多くの場合、仏教の合理性は、因果律および全てのものの相互依存を厳格に強調するが、広くいきわたっている科学の経験主義の精神と調和が取れる。これは、人間の現在と未来に対する要求と良く合う一つの哲学である。これは、ダライ・ラマが世界責任と言っている非宗教的哲学の基となっている。

ダライ・ラマは、価値があり引き合うものがある他の運命的なものと対話するために、色々な人々と接触してきた。洞察を探求する科学者と対話する場合は、科学と瞑想の体験は、合い通じうる。政治家と対話する場合は、一般的な利他主義の動機が善に向かう力でなければ、政治の信念は伝わらない。

彼は、あらゆる種の人々と共に考えた。身分の低いインド人墓掘り人から、西洋の第一の国のハリウッドのスターまで。大学生から成功したビジネスマンや社会活動家まで。教会やモスクや神のはしご?や寺で笑いが起きるように、仏教の僧院でも笑いが起きる。彼は、会う人には誰にでも、人としての挨拶をする。彼とあった人は、誰でも、荘厳な話には思えない。

We’ll feel that audio recording alone can capture the enormous impact of his personality, all the many levels at which he communicates. The many of his formal teaching and talks along Tibetan with an interpreter translating into formal English, if he could respeak in his own English to establish more direct and immediate report for his audiences, he touches the people in powerful ways that’s often evoking insight emotions there only dimly whereof. He constantly surprises, questions and overturns all habits, shifting in trench certainties. He carries in shares the alludition insights for the gentle, easy, uncompeting grace, punctuated with infectious rafter.

These recordings offer the brief introduction to the vision, one of the world mester spiring of figures.

 我々は、音響録音だけが彼の人格のすばらしいインパクトと彼が伝える全ての段階を捉えることができると感じている。翻訳者によって正式な英語に翻訳されたチベット語による彼の多くの正式な教えと話を、聞く人にもっと直接的に伝えるために、彼自身の英語で再び話す。そのことで、ほんのちょっとした洞察の感情が生じることも多く、彼は人々と力強く触れ合うことができる。彼は、絶え間なく、驚いたり疑問を呈したりしてあらゆる習慣を変える。その結果、確信に変わる。彼は、優しい上に簡単で揉め事のない気さくさで、軽い洞察を分かち与える。話を伝えるための介添え人に何度も中断されながらではあるが。

これらの録音は、世界を代表する人物のうちの一人のビジョンを手短に紹介するものである。
コメントを投稿

The Definition Of Art Harbour Blog



The Definition Of Art Harbour


Virtual International Trade Harbours Of Art


Opening Anniversary Date: December 1, 2006

Language: Multi Language


Each harbour can export the works toward the virtual world.

People and organization can import the works from all over the world.


Now,Item: Works on Art Activities that are expressed with Photos and Explanations etc.

Export Method: Each Harbour put the Works onto this blog

Import Method: People and Organizations accsess this blog

Order Method: People and Organizations put some comments about the Works onto this blog.


In the future, we will need transportation including trains,airplanes,ships, cars, buses etc.

in order to export and import people, goods etc. ?


Art Harbour


アート・ハーバーとは


アートのバーチャル国際貿易港


開港記念日:2006年12月1日

言語:マルチ言語


各港は、バーチャルな世界へ向けて、作品を輸出できる

人や組織などは、バーチャルな世界から、作品を輸入できる


現時点輸出品目: アートに関する活動などを「写真と文などで表現した作品」

輸出方法: 各港で作品をこのブログに書き込むことで、輸出したものとみなす

輸入方法: 人や組織が作品をこのブログで参照することで、輸入したものとみなす

注文方法: 感想などをコメントに入れることで、注文したものとみなす


将来、、、列車、飛行機、船、車、バスなどを利用して、リアルな人や物が輸出入できる?


アート・ハーバー

Multi Language

現時点では?


ブログは日本語ベース


Google Translatorで、各国語へ、変換




そして、現場で、リアルなコミュニケーションは?


英語ベースで、現地語がお愛想・・・


こんな感じかな?


Aoyagi YoSuKe

Art HarbOur


The Gaiaと各ハブは?


英語がベースで、Google Translatorで、各国語へ・・・

Copyright and Responsibility of AH Shimokitazawa blog



Copyright:


Each manager or each member of Each AH Local must independently handle Copyright.


Each may insist on Copyright or discard Copyright independently.


Copyright depends on each manager or each member.


Responsibility:


Each manager or each member of Each AH Local

must independently have the resposibility on the posted works.

Art Harbour Shimokitazawa


コピーライト:

各アート・ハーバーのマネージャーまたはメンバーは

各々でコピーライトの取り扱いをしなければならない。

コピーライトを主張するか破棄するかは各々に任される。


責任:


各アート・ハーバーのマネージャーまたはメンバーは

各々が投稿した作品に関して責任を持たなければならない。


アート・ハーバー 下北沢


Posting Rule - 掲載ルール




Introducing People, Works, Shops etc. related to Art Harbour as a spot ad.


As a general rule, the details such as map, price should be in the Official Sites related to the ad.

Each ad may contain the Official Sites' URL related to the ad.


Restriction: The Number of Photos is within 6(basically 3). about 640x480 pixel


Ad Size: Within about 2 standard printing papers.


Example: Spot ad. , Flyer, Live Report, Poem, Short Story, Illustraltion, Photo, Paintings etc.


Art Harbour Shimokitazawa



アート・ハーバーに関連した人、作品、店などをスポット広告として紹介する。


原則として、地図や価格などの詳細は広告に関連したオフィシャル・サイトに掲載する。


各広告には関連オフィシャル・サイトのURLを掲載しても良い。


制限:写真など6枚以内(基本は3枚) 1枚に付き640×480ピクセル程度


サイズ:標準プリント用紙(A4)約2枚以内


例:スポット広告、フライヤー、ライブの報告、詩、イラスト、絵など



アート・ハーバー 下北沢